FC2ブログ

女性が羨ましい・・・。

2019/02/18
a1482.jpg

「うっ・・・来た・・・来ましたっ・・・」

濡れたその箇所に硬くなっているモノをメリ込ませていく。

a1483.jpg

「硬い・・・チンポ・・・刺さるっ・・・刺さってる・・・」

a1484.jpg

「ああ・・・犯してっ・・・犯してください・・・」

時折、口癖のように姉が放つ『犯してください』という言葉が出た。

こういう時の姉を見ていると女性っていいなぁ、と思う。
男の僕よりも絶対気持ちよさそうだ。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

comment (2) @ 姉・ゆかり

追試も合格・・・。

2019/02/15
a1479.jpg

ヒクヒクとうごめく女性器。
まるで独立した生き物のようだ。

次第に腰も動き出す。
上下に・・・左右に・・・。

a1480.jpg

身体は、まだ逝こうとしている。

欲しいの?

「・・・欲しい」

a1481.jpg

ちゃんとお願いしないと。

「・・・チンポ、入れてください」

そういう感じじゃ、全然ダメ。

またしても挿入してもらうための試練だ。

「・・・私のエロマンコに勃起したチンポ・・・ブチ込んでください」

そんなハシタナイことを姉は言ってはいけないのに・・・。
でも、合格。
comment (1) @ 姉・ゆかり

合格・・・。

2019/02/12
a1476.jpg

僕は、姉をベッドに横たわるように命じる。
許可なく勝手に逝ってしまった罰を与えないといけない。
姉は、定期的にこのようなお仕置きをされる状況を作ってくれる。
それは意識的ではないだろうかと思わせるほどだ。

a1477.jpg

そのハシタナイところを凝視してくださいとお願いしてみなさい。

「私の・・・恥ずかしいオマンコを見てください」

そういう言い方では全然ダメ。

「・・・・。」

a1478.jpg

ちゃんと自分で考えて言いなさい。

その後、何度かダメ出しを出す。

「私の・・・ハシタナイ・・・性欲の強い・・・勝手逝ってしまったオマンコを凝視してください・・・」

なんとか合格。
comment (0) @ 姉・ゆかり

許可なく逝く・・・。

2019/02/09
a1473.jpg

「ああ・・・奥に・・・奥に・・・来てるぅ・・・」

亀頭は、確かに奥まで届いているだろう。
ここの快感が開発されるのには、ある程度の時間と経験が必要なのだろうと思う。

a1474.jpg

激しく腰を振ることに疲れた僕は、体位を変えた。
姉が自由に動くことが出来る体位にした。

姉越しに聞こえるAV女優の必要以上に思えるようなフェイクの喘ぎ声にリアルな喘ぎ声が重なる。

a1475.jpg

カタカタと震える姉の身体。
明らかに逝ってしまった。
僕に報告することなく逝ってしまった。

僕は、黙って姉の尻をお仕置きの平手打ちする。
乾いたその音が、部屋に響く。
comment (2) @ 姉・ゆかり

オモチャの立場・・・。

2019/02/06
a1467.jpg

元のソファに移動。
そして、再び挿入。

a1468.jpg

姉は、言葉を発することもなくただただ好きなように弄ばれている自分に甘んじている様子。

a1469.jpg

オモチャの立場を楽しんでいるようだ。
comment (0) @ 姉・ゆかり