FC2ブログ

そのまま・・・。

2021/03/02
a2101.jpg

案の定、姉は即座に逝ってしまう。
その間、僕には射精感が訪れなかった。
逝った余韻に浸らせることなく、姉の身体をひっくり返す。

a2102.jpg

深く受け止めようという姉は、脚を大きく開き抱え込んだ。

「・・・精子、出してください。逝って・・・そのまま逝って・・・」


このまま中に出せということらしい。

a2103.jpg

その言葉を聞いて僕は、遠慮なくその中に放出する。
スポンサーサイト
[PR]

comment (1) @ 姉・ゆかり

お望み通りに・・・。

2021/02/27
a2098.jpg

この体位を姉が選択した理由は、明確だ。

長い性交は、求めていない。
短時間がエクスタシーを得て、もう休みたい。

a2099.jpg

この体位なら姉は、最短で1分以内で逝くことが出来るはずだ。

a2100.jpg

姉の大好きな部分にペニスが当たるこの体位。

僕は、望み通りにそこを激しく突いてあげることにする。
comment (1) @ 姉・ゆかり

挿入するための準備的な・・・。

2021/02/24
a2095.jpg

ここでのフェラは、じっくりと時間をかける必要はない。
挿入する為に堅くするためと唾液でそれを濡らすのが目的だ。

a2096.jpg

そういうことも姉は、よく理解している。

a2097.jpg

挿入するための準備が整ったとみるやうつ伏せになりお尻を持ち上げた。
comment (2) @ 姉・ゆかり

休憩なし・・・。

2021/02/21
a2092.jpg

姉には、休む時間は与えなかった。

a2093.jpg

即座に口を使うように命じる。

a2094.jpg

文句も言わずに滴り落ちるものが・・・身体使い始める。
comment (2) @ 姉・ゆかり

突然の頂点・・・。

2021/02/18
a2089.jpg

その瞬間は、突然訪れる。
何かが暴発したようなけたたましい音を発し、一気の昇り詰めていく。

a2090.jpg

そのままバタンっと時が止まる。
つい先程までの世界が嘘だったかのように空気が変わる。
ただ、まだスイッチを切られることなく動いている無機質なものが、その時の名残りとして音を立てる。

a2091.jpg

僕は、何もせず、何も言葉も発せず、事後の様子を眺めていた。

現実世界に戻ってきたであろう姉は、右手を伸ばし自分の体内に入っていたものを引き抜こうとしていた。
comment (2) @ 姉・ゆかり