fc2ブログ

もういい?・・・。

2022/04/26
「もういい?」
と、姉は聞いてくる。
もういい?とは、もうフェラをやめてもいいかということともう挿入したい。という2つの意味がある。

いいよ。と僕は返事をするとそそくさとコンドーム装着の準備を始める。
今日は、生挿入できない日らしい。

無表情で・・・慣れた手つきで・・・それをペニスに装着していく。

「これでいい?」

僕の返事など待たずに仰向けで横たわると両手で両方の小陰唇を広げる。
無言で「早くここにそれを突き刺して」と訴えているのだ。

僕は、狙いを定めると亀頭がその中にめり込んでいくのを確かめながらゆっくりと挿入を始める。
スポンサーサイト
[PR]

comment (1) @ 姉・ゆかり

所有欲・・・。

2022/03/26
熱心に時間を掛けてペニスを舐め、そして咥える。
自分の好きな顔の女性が、自分のペニスを咥えているという風景は、これほど素晴らしいものはない。
僕にとってフェラの興奮は、ビジュアル7対感覚3だ。
だから、フェラシーンでは撮影の枚数が増える。

「そんなにいっぱい撮ってどうするの?」
と、たまに言ってくる。
目的は、知っているはずなのに。
ここのアップすることとオナネタになることを。

これも僕の所有欲のひとつなのかも知れない。
comment (0) @ 姉・ゆかり

年下の・・・。

2022/03/05
「凄いね・・・今日は、すぐに硬くなった」

そんなことを言いながらペニスを頬張る。

軽く舌を出して亀頭をペロペロと舐める口元は、可愛らしくもありエロくもある。

「年下のチンポ・・・好き・・・」

こういう時に姉は、弟とか僕の名前は言わない。
きっと敢えて、その言い方を避けているのだと思う。
もしかしたら心理の中のどこかで、年下の彼氏という思い込みを作って、罪悪感をかわしているのかも知れない。

僕は、それを聞いて幅を広げて認識する。
年下・・・若い男のチンポから誰でも好きなんだろう。と、思ってみる。
そう思いながらフェラをしている様子を眺めていると更にエロい女に見えてくる。
comment (7) @ 姉・ゆかり

落書き・・・。

2022/02/19
顔に文字を書いたシールを貼ってみた。
マジックで書いてやろうと思ったが、消えなかった困るとクレームが出て、シールに変えた。

顔を撮影した画像を見せてというので、見せてあげた。

「まあ・・・いやらしい」
それが姉の感想だ。

こういうことを顔に書くと更に淫乱な女に見える。

それをされる女に甘んじているというのもまた楽しい。
comment (2) @ 姉・ゆかり

抵抗・・・。

2022/02/14
そこは、すっかりと濡れていて、蜜壺状態だ。
この蜜でこれまで何度射精させられてしまったのだろうかと思う。

「ああ・・・チンポ・・・気持ちいいぃぃぃ・・・」

この日、長い時間を作れなかったのは、姉のせいだった。
最近、ヨガの教室に通い始めたらしく、このあとそれが入っている。
そのせいで、時間が作れなかったのだ。
そんな姉を感じさせる必要などない。
僕だけが気持ちなくなってしまえば、それでいいんだ。と、思い始めた。

「逝っていいよ・・・逝っていいのよ」

それは、自分がヨガ教室に行きたいから早く終われということなのだろ?

姉が逝く前に僕ひとりが逝ってしまった。
逝ってやった。

なんて心の小さい弟の抵抗。


※画像は、MeWeにアップしています。
comment (2) @ 姉・ゆかり