FC2ブログ

はみ出す乳房・・・。

2015/02/28
a74.jpg

足まで丹念に舐める姉。
身体中をくまなく舌を這わせる。
奴隷と化した姉は、ベッドの上を這い付き回り、僕の身体に奉仕する。

a75.jpg

特にペニスは、念入りに時間をかけて舐める。
この光景を眺めているのが、僕は一番好きだ。

この姉の綺麗な顔が僕のペニスを咥え込んでいるというのがたまらない。

a76.jpg

そして、その顔の向こうに見える熟れた乳房。
姉は、自分の乳房が垂れてしまったから恥ずかしいと言ってブラを外すのを嫌がることがある。
でも、そのブラからはみ出す乳房が、またエロチックに感じてしまう。
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

comment (5) @ 姉・ゆかり

ローター・・・。

2015/02/27
a68.jpg

姉の下着の中にローターを仕込む。
意外にも僕とこうなるまでは、ローターを未経験だと言う。

a69.jpg

スイッチを入れて、しばらく放置する。
放置というか観察だ。

ローターが振動する音と姉の声が交じり合う。

「こんなオモチャでも感じるんだね」

そんな言葉を敢えて姉に言ってみる。

a70.jpg

「意地悪言わないで・・・」

姉が、そう答えるのが必死でオモチャで感じてしまう自分を肯定するしかなかった。

ローターの振動速度をアップすると姉の声のボリュームもアップした。
comment (2) @ 姉・ゆかり

具体的に回答・・・。

2015/02/26
a71.jpg

姉の両手に手錠をかけたままフェラをさせる。
始めは、自由の利かない両手をもどかしそうにしていたが、馴れたのかコツを掴んだのか・・・、いつものような丁寧なフェラをし始める。

a72.jpg

何を舐めているのか意地悪な質問をしてみる。

「・・・チンポを舐めています」

そんな簡単な返事は、面白くない。
もっと具体的に答えなければならない。

僕は納得いくまで何度も答えを求めた。

a73.jpg

最終的に姉が言った答えは・・・。

「ひろ様の堅く勃起したチンポを私は、舐めています」
comment (2) @ 姉・ゆかり

視姦・・・。

2015/02/25
a65.jpg

姉を拘束するとしばらく眺めてしまう。
タバコなどを吸いながら姉の回りを1周して色々な角度から観察する。

a66.jpg

ビジュアル的に姉の容姿が好きだと子供の頃から思っていたということもある。
この年齢になっても姉の身体つきを僕は好きでいる。

そして、日常的な生活の中で絶対にとることのない姿勢を取らせる。
a67.jpg

姉は、僕が命じるがままに従う。
それもまた、快感になっている。

乳房をさらけ出して、手足を閉じることが出来ないように拘束されて、無様な姿勢をキープさせられる。
そんな姿の姉を視姦する。
comment (4) @ 姉・ゆかり

姉を誰かに抱かせる・・・。

2015/02/24
a62.jpg

「足を舐めろ」
と、言えば足を舐める。
姉は、基本的に出来ませんとかイヤですというということを言わない。
今のところは、聞いたことがない。

a63.jpg

足先であそこを愛撫されるという屈辱的な行為も受け止め感じる。
そういう変態だ。

ゆくゆく僕は、姉に対してしてみたいと思っているプレイがある。

僕の前で第三者に姉を犯させることだ。

僕には、寝取られて興奮という気持ちは、ない。
ただ、僕の奴隷と化した姉が他の男に犯されるということは、見てみたい。
僕の命令とあらば、それを受け入れてしまう姉を見てみたい。

a64.jpg

どこまで姉は、僕のリクエストを受け入れることが出来るのか・・・試してみたい気持ちもする。
そこに僕に愛する姉の愛情を感じるのかも知れないとも思う。

でも、そういうことは実際にしてみないければわからない。

その時には、このブログを通してその相手となる男性を募集してみたいと思う。

今、考えていることはベッドの上に拘束した姉を「どうぞ、犯してください」というもの。
簡単に言えば、そういうこと。

一番、心配なのはこれを読んで頂いている皆さんが姉に興味を持って頂けているかということ。
姉に魅力がないのであれば、それは致し方ない。
comment (6) @ 姉・ゆかり

人に対して失礼な行為・・・。

2015/02/23
a60.jpg

僕がタバコを吸う時、灰皿を姉が持つ。
そういう決まりごと。

a61.jpg

姉に対しての意識付けでもある。
僕に服従すること。
ただ、灰皿を持つだけだが、こんなことは日常生活では、絶対にしないこと。
そういうことをしては、持っている人に対して失礼な行為だ。

それを敢えてさせる。
comment (0) @ 姉・ゆかり

部屋の中での決まり事・・・。

2015/02/22
a57.jpg

ホテルの部屋に入ると姉の乳房を露出させるかブラを見せるようにさせる。
何故そういうことをするかというと・・・答えは簡単だ。
僕がオッパイ好きだからである。
それにこの姉の乳房が好きだからだ。

a58.jpg

室内では、必ずそれを見せて過ごすようにという決め事をした。
これで僕は、いつでも大好きな姉の乳房を見て過ごすことが出来る。

プレイを始めるまでの間、他愛のない会話をする時でも何か食事をしたりする時にでも露出している。
全裸ではなく、服を着たまま乳房だけ出しているというのも変態な感じだ。

a59.jpg

そんなことを命じられている姉は、指も触れていないのに次第に乳首を堅くさせる。
見られているだけで興奮しているいやらしい女なのだ。
comment (0) @ 姉・ゆかり

乳首に射精・・・。

2015/02/21
a53.jpg

正常位で姉を犯す。
姉の揺れる乳房やペニスが突き刺さっている姉のオマンコを眺めながら出し入れを繰り返す。

a54.jpg

「ヒロのチンポ・・・気持ちいいです・・・」

姉は、時折「様」付けを忘れる。
そんなことはどうでもよかったりするので、聞き流す。
気が向けば、上げ足取り責め立てることもある。

「オッパイに射精して・・・ください。乳首に当てて・・・」

a55.jpg

射精の直前、ペニスを姉の中から引き抜くと乳首めがけて射精した。
姉の胸全体に精子が飛び散った。

「指ですくって、全部舐めろよ」

a56.jpg

姉は、指でその飛び散った精子を集めて、指ですくい舐めた。
comment (0) @ 姉・ゆかり

姉の過去・・・。

2015/02/20
a50.jpg

姉のこのような性癖を見せられるとやはり過去の男関係が気になるというか興味を持つ。
僕にとっては、清楚で性行為には奥手のように思っていた姉が、実際にはそうでなかったのだから。
すべてを語ってくれたかどうかは怪しいが、聞けるところまで聞いてみた。

a51.jpg

初体験は、20歳の頃。
今のダンナだそうだ。
ダンナにSMを仕込まれたのかというとそうではないらしい。

大学を出て就職してから当時40代の上司と不倫をしていた。
結婚前から。
そして、結婚してからも数年関係が続いてという。
その上司がSだった。

その出会いがあるまで姉は自分にMの素質があるとは気が付いていなかった。
縛られたり目隠しをされたり・・・、そうしていく中でその行為に興奮している自分を発見したそうだ。
妊娠、出産を機に退社。
その時にその上司とは、関係が切れた。

a52.jpg

そして、子育ても手がそんなに掛からなくなった頃、抑えていた性癖が恋しくなった。
私の快感は、そこにあって日常の夫婦でのノーマルな性行為に不満を募らせていた。
そんな時にSM系のSNSに参加して、ある男に出逢ったという。

その男は遠距離に住んでいて、それでも1ヶ月に1度くらいは姉に逢いに来てくれていたらしい。
3歳くらい歳下の男だという。

僕とこのような関係になる1年ほど前までは、その男との関係を続けていた。

姉を奴隷として扱っていたのは、過去に2人。
実際には、どのようなプレイをしていたのかということは、口を閉ざし語ってはくれなかった。
comment (0) @ 姉・ゆかり

溢れ出す・・・。

2015/02/19
a48.jpg

「ゆかり、よく見せてよ。あそこがどうなっているのか?」

初めてまじまじと姉の股間を凝視する。
薄々は気が付いていたが、姉まクリトリスは大きいかった。
特別巨大というわけではない。
僕として、そんなの多くの女性のクリトリスを見て来たわけではもないが、平均のサイズよりも大きいように思う。

a49.jpg

指で広げて、中のサーモンピンクのところも覗いてみる。
中から愛液が溢れ出しているのが分かる。

歳の割には、綺麗なものだな。
それが、僕の感想だ。

「こんなところを見られて、恥ずかしい? それも弟に」

姉は、悲鳴に似た声を挙げる。

「まさか、僕に見られて感じていないよね?」
そう言って笑ってみせた。

「ごめんなさい・・・。オマンコが勝手にヒクヒクしてしまいます」
姉は、そう言うとまたじわじわと愛液が溢れ出して来た。
comment (0) @ 姉・ゆかり