FC2ブログ

好きだから・・・。

2017/01/31
a853.jpg

下着姿にするとまず首輪。
そして、この日は手錠で手首を拘束する。

a854.jpg

次にブラから乳房を露出させる。
何故かというと僕が乳房が好きだからだ(笑)

a855.jpg

ガーターベルトも着用。
僕の好きなスタイルだ。
スポンサーサイト
[PR]

comment (2) @ 姉・ゆかり

静かに逝く・・・。

2017/01/28
a850.jpg

流石に2度続けて逝ってしまった姉は、グッタリした。
が、のように見えた。

a851.jpg

しかし、まだ姉の性欲は満たされることはないようだ。

ペニスをワンアクションの動きで軽く膣から抜くとそれを股間に擦り付け動かし始めた。
まるでこの部屋には自分以外誰もいなくて、ひっそりとオナニーをしているように・・・。
声を出さずに音も立てずに・・・秘め事を楽しんでいるかのように。

a852.jpg

ゆっくりとクリトリス、膣の入口にペニスを押し当てて、快感を得ている。
今日の姉の快感を求める貪欲さは、いつもに増して凄い。

そして、身体を一瞬硬直させると静かに逝ったようだった。
comment (2) @ 姉・ゆかり

獣の顔・・・。

2017/01/25
a847.jpg

「・・・ぐぅがぁぁぁぁ・・・・」

上手く文字に表すことが出来ない。
言葉にならない声・・・音? を発する姉。

a848.jpg

この瞬間の姿は、人間ではないようにさえ思う。
獣・・・。
きっと、そう表現するのが相応しい。

a849.jpg

「チンポ・・・いいっ!! チンポ・・・いいっ!! ああああぁぁぁぁぁぁぁ、いぐぅぅぅぅぅぅ・・・・・・・・」

もうどこか違う世界に行ってしまっている姉は、再び逝った。

その時の表情を見ることが出来なかったが、きっと本当に獣のような顔になっていたに違いない。
自分のそれを姉は本能で悟って、顔を背けて逝ったのだろうか。
今になって、そう思える。
comment (2) @ 姉・ゆかり

流石の熟女・・・。

2017/01/22
a844.jpg

いつもの姉なら逝ってしまった後、しばらくぐったりしてしまうのだが、今日はそうではなかった。
短い時間で逝ってしまったのだから、まだ体力の余裕があったのだろう。

a845.jpg

両手を後ろに突くと挿入の角度を変える。
膣内の違う場所で快感を得ようとしているのだ。
こうすると膣の腹側にある壁にペニスが擦りつけられる。
姉は、そこを狙っている。

a846.jpg

身体がその不安定な姿勢の中でも安定を獲るやいやな、これまでとは違った腰の振りを始める。
激しく・・・しかし、ペニスが抜け出さない程度に。
絶妙のその動きは、流石経験豊かな熟女といったところだろうか。

この快楽の求め方は、若い女性では出来ない感覚なのかも知れない。
comment (1) @ 姉・ゆかり

すぐさま・・・。

2017/01/19
a841.jpg

入れてもいいよ。

僕がそう言うとすぐさま跨がってきた。

a842.jpg

生のペニスを右手で掴み股間にあてがうといきなり深く挿入した。

「ああ・・・これ、欲しかったぁぁぁぁぁぁぁ」

そう言いながらいきなりの高速での腰振り。

a843.jpg

「ダメ・・・逝くっ・・・逝くっ・・・」

ものの数秒でエクスタシーに達してしまう。
余程、待ち焦がれたセックスだったのだろう。
comment (5) @ 姉・ゆかり

頑張る、姉・・・。

2017/01/16
a838.jpg

そうだと感じると簡単には、挿入させるわけにはいかない。
その気持ちを弄びたくなってしまうものだ。

a839.jpg

足も舐めて。

こうなると姉は、まさに奴隷となる。
言われるがままに指示に従う。

a840.jpg

乳首も舐めてよね。

足から慌てて胸の位置まで這い上がってくる。
そういう姉の姿が、可愛らしい。
頑張ってるな、と思う。
そういうところに愛情を感じてしまう僕は、変態。
comment (3) @ 姉・ゆかり

欲しい・・・。

2017/01/13
a835.jpg

「・・・欲しい・・・欲しい」

そんな言葉を口からペニスを外して言う、姉。
そして、またすぐに咥え込む。

a836.jpg

ペニスを欲しがっている女の姿は、とてもいい。
見ているこちらが興奮する。

性交したくて、発情している姿だ。

a837.jpg

「・・・ねえ・・・欲しい・・・欲しいのぉ」

咥えながら上目使いで、僕の様子を眺めている。
挿入の許可を求めている。

僕がダメだと言っても勝手に挿入してしまうこともあるくせに・・・。
今日の姉は、許可で出ない苦しさを楽しんでいるかのようだ。
comment (5) @ 姉・ゆかり

いきなり咥え始めるその心理・・・。

2017/01/10
a832.jpg

逝った後、ぐったりと横たわったと思ったらいきなり起き出して咥え始める。

a833.jpg

こういう時の姉は、僕も気持ち良くしようと思う気持ちで咥え始めたのではない。
早く挿入して欲しいと思っているのだ。

a834.jpg

姉の綺麗な顔がフェラチオをしている光景は、とても見ていて楽しい。
comment (3) @ 姉・ゆかり

逝こうとしている・・・。

2017/01/07
a829.jpg

最初は遠慮がちだったのにだんだん強く股間を押しつけてくる。
僕の口の周りは、自分の唾液なのか姉の愛液なのか分からない液体でベトベトになっていく。

a830.jpg

次第に姉の声が大きくなる。
姉は、これで逝こうとしている。
それを感じる。
初めてのことに興奮しているようだ。

a831.jpg

舌を伸ばして膣の中に挿入する。

「・・・それっ、それいいです。ああぁぁ・・・逝くっ・・・逝く」

ヘッドボードに頭を擦り付けるようにして、その時を迎えた。
comment (0) @ 姉・ゆかり

ごめんなさい・・・。

2017/01/03
a826.jpg

僕の顔の上に跨がって座って。

「えっ!?」

一瞬、戸惑う姉。

「そんなこと・・・出来ない。申し訳ない・・・」

いいから早く。

「・・・はい。ごめんなさい」

そう言って姉は、僕の顔の上に跨がった。

要するに顔面騎乗だ。
それを歓ぶのは、S女。
M女にこれを命じると《こんなことしちゃダメなのに・・・ごめんなさい》という気持ちが表れる。
それを感じることが出来るのは、快感でもある。

a827.jpg

僕としては、口で愛撫するのにこの方が楽だからという手抜きの気持ちもある。

舐められて気持ちの良いところを僕の口にちゃんと持って来いよ。

「・・・はい」

a828.jpg

申し訳ないです。ごめんなさい。と、言っておきながらしっかりと舐めて欲しいところを舌の届く範囲に持ってくる。
そして、感じて声をあげる。

「・・・こんなの恥ずかしい」

そう言いながらも股間を濡らす。
comment (4) @ 姉・ゆかり