FC2ブログ

見ていてください・・・。

2017/06/29
a986.jpg

姉は、上半身を起こすと更に深い挿入を試みる。

「ああ・・・刺さってるぅ・・・突き刺さってる・・・」

a987.jpg

激しく柔らかい乳房を揺らしながら、腰をグランドさせる。

「ああ・・・ダメ・・・逝きそう・・・です・・・」

a988.jpg

逝ってもいいよ。と、許可を出す。

「ああ・・・本当に逝きそう・・・ねぇ、見ないでぇぇ・・・・ああ、見てて・・・逝くところを見ていてください・・・」

最後は、数回力強く腰を振ると雄叫びと共に絶頂に達した。
スポンサーサイト
[PR]

comment (4) @ 姉・ゆかり

ディルドを相手に・・・。

2017/06/26
a983.jpg

クッションに縛り付けたディルドを相手に前後に腰を振る姿を後ろから眺める。
マゾのスイッチが入っていなければ、とても恥ずかしくて出来ることではないように思う。

a984.jpg

ディルドの根元までしっかりと咥え込んでいる。
先程までの行為でタップリと愛液を蓄えていた姉の局部は、何の苦もなくスムーズにそれの出し入れを可能にしている。

a985.jpg

「ううぅぅぅ・・・いいぃぃ・・・。このチンポ、いいです・・・」

そんなことを恥ずかしく感じることなく言葉にする。
僕は、その自慰をしている姿に興奮する。
更に硬くなる勃起物を感じる。
comment (4) @ 姉・ゆかり

それとセックスして・・・。

2017/06/23
クッションにディルドを縛り付けた。

そいつと僕の前でセックスして見せて。

一瞬戸惑う、姉。
僕が言っていることを理解するのに2〜3秒掛かった。

a980.jpg

「はい・・・」
と、言うとそれに跨がった。

ディルドの根元を固定すると少しずつ腰を沈めていく。

「ああ・・・、先が・・・先が・・・入りました・・・」

a981.jpg

先端が挿入されると手を放した。

先だけでは、ダメだよ・・・全部入れないと。
全部欲しいでしょ?

「はい。全部欲しいです」

姉は、そういう言うと一気に腰を落とす。

a982.jpg

「ああ・・・いいっ・・・」

姉は、僕の肩を両手で掴んで支えとするとディルド相手にセックスを始めた。
comment (6) @ 姉・ゆかり

鼻息・・・。

2017/06/20
a977.jpg

はい。口から離して。

僕が、そういうと姉は顔を上げた。
目を隠していても不満そうな雰囲気は、解る。

まだまだ咥えていたいようだ。

もっと咥えたいの? と尋ねてみる。

「はい。もっと咥えたいです」
と、素直に答える。

では、どうぞ。

a978.jpg

「ありがとうございます」
姉は、そういうと再びペニスを咥え込む。

a979.jpg

亀頭全体を咥えて、舌全体を亀頭に密着させるように舐め廻す。
鼻息が、荒くなる。

いつもは、清楚なはずの姉なのにそのハシタナイ鼻息なんてさせて・・・ダメだなぁ。と、思う。
comment (4) @ 姉・ゆかり

息を整えると・・・。

2017/06/17
a974.jpg

最初は、舌先でペロペロと舐める時もある。
いきなり亀頭を咥え込む時もある。

今日の気分は、いきなり根元まで咥えたかったようだ。

a975.jpg

フェラチオについて、細かい指示などは出さない。
好きなように舐めさせる、咥えさせる。

a976.jpg

しばらくすると酸欠で息継ぎをするように顔を上げる。
そして、息を整えると。

「チンポ・・・美味しい・・・」

低い声でそうつぶやくとまた即座にフェラチオを続行させた。
comment (4) @ 姉・ゆかり

奴隷としての条件反射・・・。

2017/06/14
a971.jpg

指先で乳首にあるスイッチを押すとその変身は、加速する。
スイッチの入った姉は、何かに酔ったような雰囲気になる。
僕の指示に自然と応えていく。

a972.jpg

ソファに腰掛けた僕の前に跪かせる。
当然、それだけで自分は何をしなくてはいけないのかを理解する。

a973.jpg

姉は、無言で口を開けるとパクッとペニスを咥え込んだ。
comment (2) @ 姉・ゆかり

変身・・・。

2017/06/11
a968.jpg

こうしている間に姉の身体は、メスの身体へと変化していく。
直に手を触れるだけが愛撫でも調教でもない。

a969.jpg

精神的なスイッチを入れてやることで、エロスのモード、マゾのモードの切り替わる。
仮面ライダーやウルトラマンが変身するようなものだ。

a970.jpg

性欲処理淫乱変態奴隷ゆかり。
それが、変身後の姿。
comment (2) @ 姉・ゆかり

興奮しています・・・。

2017/06/08
a965.jpg

一歩、前に進んで・・・あと一歩。
目隠しをしている姉は、僕の命じるままに歩みを運ぶ。
窓のブラインドが開いているのは、知っているよね?

a966.jpg

「・・・はい」

外からは、この部屋の中が見えていると思うよ。
部屋の中の方が暗いから部屋の奥までは鮮明に見えないかも知れないけどね。
でも、こうして窓辺に立てば、見えているはすだよ。

「・・・ああ」

もし、誰かに見られていたらごめんね。
僕は、そう言って少し笑う。

a967.jpg

そんな状況で乳首を勃起させている。
姉の思考を想像するのは、そんな難しいことでもない。
それを姉自身の言葉として、出させる。

「誰かに見られているかも知れないと思ったら・・・興奮しています」
comment (6) @ 姉・ゆかり

私は、あなたの私・・・。

2017/06/05
a962.jpg

首輪にリード、そして目隠し、手錠。
お馴染みになった4点セット。

飼われている女のスタイル。

a963.jpg

所有されることで安心する。
姉は、そういう女なのかも知れない。

a964.jpg

「私は、あなたの私・・・。」

だから、僕はこの女を自由に出来るらしい。
僕のモノだから僕の好きなように。
comment (7) @ 姉・ゆかり

吸い取る・・・。

2017/06/02
a959.jpg

尿を出し切ったペニスにしゃぶり始める。

a960.jpg

尿道に溜まった尿を吸い取るように吸い上げる。

a961.jpg
comment (2) @ 姉・ゆかり