FC2ブログ

技・・・。

2017/08/30
a1042.jpg

勿論、これで姉が解放されてるわけではない。

次は、僕を気持ち良くして。

その言葉を聞き、姉は朦朧していたまま僕の上に跨がる。
ペニスを右手に掴むと自分の中に迎え入れた。

a1043.jpg

上下にピストン運動を始める。

僕の胸の辺りに自分の上半身を預けると下半身を上下に動かし始める。
いやらしい動きだ。

a1044.jpg

そして、上半身を起こすと深く挿入する。
自由自在にペニスに快感を与えようという動き。
これは、もう技と言ってもいいのかも知れない。
熟女の熟練の技だ。
スポンサーサイト
[PR]

comment (7) @ 姉・ゆかり

収縮を楽しむ・・・。

2017/08/27
a1039.jpg

案の定だった。

強く腰を打ち付けるとすぐにその時は、来た。

a1040.jpg

「・・・逝きます・・・逝ってしまいます・・・・ごめんなさい」

姉は、そう叫ぶと昇り詰めた。

a1041.jpg

僕は、腰の動きを止めるとヒクヒクと収縮を続ける膣内の感触を楽しんだ。

獣だな。
そう思った。
comment (7) @ 姉・ゆかり

話さない・・・。

2017/08/23
a1036.jpg

今日の姉は、言葉を話さない。
いつもは、俗に「隠語」というような言葉をセックス中にでもよく話す。

そもそもそう話すように仕込んでのは、僕でもあるのだが。

a1037.jpg

犯されていることを楽しんでいるようにただペニスの快感を受け止めているように映る。

ただ、快楽の声が漏れる。

a1038.jpg

僕は、姉を裏返すと後ろから挿入した。
腰を掴み、強く挿入する。

姉が、これに弱いことを知っている。
いつも1分もしないうちにエクスタシーを感じてしまうからだ。
comment (2) @ 姉・ゆかり

濡れていた・・・。

2017/08/20
a1033.jpg

開かれたもの場所に僕にいきなり勃起したモノを突き立てた。

果たして濡れているのかどうか心配ではあったが、それは取り越し苦労だった。

a1034.jpg

姉のその中は、たっぷりと濡れていた。

これまで指も触れず、ただ裸体を見られていただけなのにこんなに濡らしているだなんて。
あらためて、姉のいやらしさを感じる。

a1035.jpg

僕は、膣壁の感触を楽しむようにゆっくりと挿入を繰り返す。
comment (2) @ 姉・ゆかり

どうしたい?・・・。

2017/08/17
a1030.jpg

この日は、いきなりベッドに全裸で横たわせる。
脚を開くように命じる。

ゆっくりと脚を広げる。
もっと・・・もっと。

a1031.jpg

自分の指で、広げてよく見せて。

「・・・はい」

奥まで見えるように・・・もっと。

「・・・はい」

恥ずかしいのか、姉は僕から顔を背ける。

a1032.jpg

どうして欲しいのか、言ってみて。

「・・・ゆかりの淫乱になったここに・・・慎太郎の硬くなったチンポを突き刺して欲しいです」
comment (2) @ 姉・ゆかり

次は、激しく・・・。

2017/08/13
a1027.jpg

逝ってぐったりとした姉をベッドに転がす。
まだ荒い息を続けていた。

満たされてこのまま寝てしまってもいい・・・・。
そんな雰囲気だ。

a1028.jpg

しかし、まだ僕は満たされてはいない。

両脚を開いて、その中に割って入る。

激しく濡れているその場所に滑り込むように挿入されていくペニス。

a1029.jpg

いきなり激しく、腰を打ち付ける。
杭を姉に突き刺すようにガンガンと挿入を繰り返す。

すると一度死んでしまったかのような姉が、蘇生する。

「・・・ああっ、いいっ、チンポいいです!!!!!!!! 突いて・・・犯してぇぇぇぇ・・・・・・・・・・」

そんなハシタナイ言葉を叫び出す。

僕は、快感に歪む姉の顔と腰を振るたびに揺れる乳房とその言葉を聞きながら射精した。
comment (4) @ 姉・ゆかり

静かに・・・。

2017/08/10
a1024.jpg

コンドームを装着するとすぐさま僕の上に跨がって来た。
そして、深く腰を沈める。

入った瞬間、溜息のような声を漏らす。

a1025.jpg

我慢していた分、いきなり激しく動くのかなと思ったら、そうでもない。

とてもゆっくり腰を動かす。
上下。
前後。

ペニスの挿入感をじっくりと味わっているようだ。

a1026.jpg

垂直に身体を伸ばし、体重を真下に掛けるようにして、根元まで深く挿入する。
そして、小刻みに腰を揺らす。
亀頭を子宮の入り口に擦り付けているかなのようだ。

「・・・あっ、逝きそう・・・逝きます・・・」

想像していたよりも静かに姉は、逝った。
comment (2) @ 姉・ゆかり

真剣な眼差し・・・。

2017/08/07
a1021.jpg

姉は、みるみるうちにペニスを硬くさせた。

もう待ちきれないのは、分かっていた。

a1022.jpg

姉は、素早くコンドームを取り出すと僕のそれに被せ始めた。

焦る気持ちを抑えるように・・・平常心を保つように・・・。
無表情のその顔の裏にエロスの気持ちが垣間見れる。

a1023.jpg

根元までしっかりと装着する。
敢えて時間を掛けるように慎重だ。
その真剣な眼差しは、精密な仕事をする時計職人のようだ。
comment (2) @ 姉・ゆかり

その時の気持ち・・・。

2017/08/04
a1020.jpg

まだ完全には勃起していないペニスを頬張る。
どんな思いでフェラをしているのだろうか。

僕に快感を与えたい。
大好きなペニスを咥えている自分自身に興奮している。
ペニスを勃起させることに歓びを感じる。
硬くして早く挿入したい。

僕は、フェラをしている時の心理は、正確には分からない。

僕が、クンニをする時の心理と同じなのか・・・。
いや、自分がクンニをする時の気持ちさえ、まだ自分の中で解析出来ていない。

きっと様々な心理が重なって、一言では説明が付くものでもないのだろう。
comment (4) @ 姉・ゆかり

黙って開く・・・。

2017/08/01
a1017.jpg

きっと若い頃の姉ならもっと元気だったのだろう。

今では、しばらく休憩させないと動かない。

a1018.jpg

電池切れの玩具は、どうも電池の液漏れをしていたようだ。
体内から分泌させる液体が、白く濁っている。

a1019.jpg

自分の指で開いて。

僕が、そう囁くとちゃんと起きていて聞いていたようだ。

黙って、その花びらを開いて見せた。
comment (4) @ 姉・ゆかり