FC2ブログ

Mのそうにはならない・・・。

2018/04/29
mika10.jpg

Sなミカさんを縛るとどういうことになるか・・・。

簡単に手首と足首を縛ってみた。

mika11.jpg

絵柄は、大変よろしい。
画像を観る限りは、M女に見えてしまう。

しかし、それは表情がモザイクで見えていないから。

縄酔いと俗に言われるような表情にはならない。
表情にならないということは、そのような心理にはならないということだ。

mika12.jpg

そして、勝手に縛ったものを解き出す。
僕が解いてはくれないと察すると歯を使ってでも解こうとする。
この状況が居心地が悪いのだ。
性癖とは、とても興味深いものである。
スポンサーサイト
[PR]

comment (2) @ 人妻・ミカ

きっとそれは・・・。

2018/04/26
mika7.jpg

ミカさんは、とても礼儀正しい。
良い躾をされて育ったことがよく分かる。
とても気遣いが出来る人だ。

mika8.jpg

もう付き合いも長くなるが、決してタメ口をきくようなこともない。
僕たちは、いつも丁寧語、敬語だ。

そして、ミカさんは僕の気持ちを尊重してくれる行いをしてくださる思いやりがある。
だから、僕もミカさんの気持ちに添う行動をしたいと思わせる。

mika9.jpg

こうして乳首を触っている時にでも「乳首が勃起してるよ」なんて言葉使いはしない。
「乳首が勃起していますよ」と、とても丁寧だ。

ミカさんとは、長くずっと付き合っていくような気が出逢った頃からしている。
別れるとか離れるとかそんな話にはなりそうもない。
きっとそれは、同志だから。
comment (4) @ 人妻・ミカ

お口に・・・。

2018/04/23
a1260.jpg

そんな姉の姿を見ていると急に射精感に襲われる。

どんな射精して欲しいか聞いてみた。

「お口にください・・・お口に精子ください・・・」

そう言って姉は、口を大きく開けた。

a1261.jpg

僕は、ペニスを抜き愛液でベトベトに濡れたものを姉の口の中に突っ込んだ。

しかし、射精の瞬間には間に合わずに放出される精液の一部が姉の鼻の下に飛ぶ。
口の中に精液を注ぎ込む。

a1262.jpg

口の周りに飛び散っている精液を姉は指で掻き集めて、すべてを口の中に入れた。
そして、飲んだ。
comment (0) @ 姉・ゆかり

AV鑑賞のように・・・。

2018/04/20
a1257.jpg

人形のようになってしまった姉は、ただ僕に挿入されて腰を打ち付けられていた。

声は出なくなっていた。
ただ、表情とセックスをしている自分が写る鏡だけには目を離さずにいた。

a1258.jpg

無防備に両足を広げ、男を迎え入れる。
この普通な体位は、とてもエロチックだ。

a1259.jpg

天井の鏡を見つめながら姉は、小さな声に何かをつぶやいている。
その声に耳を傾ける。

「犯されてる・・・犯されてる・・・」

この状況を犯されていると自分の中に意識しているようだ。
『無抵抗な私に無理矢理男がペニスを挿入し、腰を振っている』
そんな場面を思い浮かべているのだろう。
AVでも観ているかのように。
comment (2) @ 姉・ゆかり

体力消費、燃料切れ・・・。

2018/04/17
a1254.jpg

艶めかしく腰を振り続ける姉もそろそろ体力が尽きてきたようだ。
僕は、一旦ペニスを抜き身体の向きを変える。

a1255.jpg

人形のようにグッタリとしている。
動き出すエネルギーは、相当な量消費しています様子だ。
それでもまだ瞳は、天井の鏡を見続けていた。

a1256.jpg

僕は、そんな姉の太ももを抱え込むように広げると再びその中にペニスを突き立てた。
身体は動かさないものの表情だけは、変わっていった。
突き刺されている時の女の顔だ。
comment (0) @ 姉・ゆかり

勝手に動く・・・。

2018/04/14
a1251.jpg

脚を開くと結合部を見せつけてくる。

「・・・ああ、ねぇ、見えるでしょ? 入ってるのわかる?」

そう僕に問いかけてくる。
覗き込むとズッポリとその中に僕のモノが咥え込まれているのが、よく見える。

a1252.jpg

僕は、姉に天井の鏡を見るように即した。

「ああ・・・、すごくいやらしい・・・」

その自分のハシタナイ姿を見ながら腰を振った。

a1253.jpg

向こう側に倒れ込むと鏡を見ながらずっと腰を振り続ける。

「・・・私の腰じゃないみたい。勝手に動くのよぉ・・・ああぁぁぁ・・・」
comment (2) @ 姉・ゆかり

ここ・・・。

2018/04/11
a1248.jpg

両足を大きく開き、股間をいっぱいに押しつけてくる。
ペニスは、根元までズッポリと咥え込まれている。

a1249.jpg

それを軸に上下左右・・・自在に腰を振る。
そして、廻す。

a1250.jpg

膣内で姉自身が気持ち良いところを探し当てる。
見つけ出すとそれを伝えてくれる。

「あああ・・・ここ・・・。ここがいいのぉぉぉ」

僕は、姉の表情と乳房の動きを見ながら、ただ射精しないように耐える時間。
comment (0) @ 姉・ゆかり

絶叫モード・・・。

2018/04/08
a1245.jpg

高速で動かれるとフラッシュを焚いていない場合、レンズが追いつきません。
被写体自体動いているし、そのせいで手ブレもしてしまうし・・・。

a1246.jpg

少し落ち着いて両手をベッドに着いて腰だけを上下に動かします。
この腰の動きが、またいやらしい。

a1247.jpg

でも、やっぱりそれでは我慢出来なくて・・・、もっと刺激を求めて・・・。
絶叫モードに突入していくのでした。
comment (4) @ 姉・ゆかり

いきなり・・・。

2018/04/05
a1242.jpg

「ねぇ・・・入れていい? 入れるよ」

舐めていて我慢出来なくなったのでしょうか。
またしても僕の返事など聞く前に勝手に入れてしまうのでした。

a1243.jpg

「ああ、気持ちいい・・・」

もうあの中は、激しく濡れています。
何の抵抗もなくスッと吸い込まれていくように入っていったのでした。

a1244.jpg

そして、いきなり高速で腰を動かし始める姉。
一気に全開モードなのです。
comment (0) @ 姉・ゆかり

エロ会議・・・。

2018/04/02
mika4.jpg

ミカさん会ってふたりで食事をしていると大抵エロ話です。
次は、こんなことがしたいとかこういうのに興味があるとか。

最後には、次回計画会議に発展したりします(笑)

mika5.jpg

健全に?エロを楽しむという感じ。
同志といったところでしょうか。
お付き合いも長いので、お互いがどういうことに興奮するとかをだいぶ把握しています。
「こういうの好きでしょ?」
「ああ、たまんないっす」
みたいな(笑)

mika6.jpg

最近、ミカさんが気に入っているのが、僕の知り合いのM男さんたちのお話。
「・・・・・・こんな人がいたんですょ」
なんて話してあげるときゃっかきゃっか言って喜んでくれます(笑)
comment (4) @ 人妻・ミカ