FC2ブログ

イージス艦に匹敵・・・。

2018/10/29
mika52.jpg

ちょっと話が途中だったミカとの3Pプレイ企画。
続き・・・。

ミカからの反撃開始である。
乳首責めだ。
このM男くんAは、乳首がとても感じるようだ。
いきなり可愛い声を出してくれる。

mika53.jpg

しっかりと背後のM男くんBにも手を伸ばす。
同時にふたりの男たちに愛撫するその性能は、同時に複数のターゲットを攻撃出来るイージス艦に匹敵するミカ。

mika54.jpg

反転すると今度は、M男くんBをメインを責め立てる。
あっ、しっかり左手でM男くんAのペニスを・・・。
流石である。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

comment (4) @ 人妻・ミカ

流石に察する・・・。

2018/10/26
a1392.jpg

「ねぇ、逝くのっ? 逝くんでしょっ? いいわよっ、ああ・・・逝ってぇ、逝ってぇ・・・かけてっ!!!!」

流石に姉は、察している。
僕が、本気で逝こうとして腰を振っていることが分かっているようだ。

a1393.jpg

逝くよ。
僕は、そう返事をする。

「いいよっ、いいよっ、いっぱい。・・・・・ああ・・・私も・・・またっ・・・ああぁぁぁぁぁぁぁぁ」

僕は、姉の中に思いっきり注ぎ込む。
その瞬間を姉も感じて、また昇り詰める。
ふたりの感嘆の声が重なる。
それは、文字には出来ない。

a1394.jpg

射精をして姉の上に倒れ込んでいると今度は姉が僕を押しのけるようにして仰向けにさせた。

そして、亀頭に口を添えるように咥え吸い付く。
尿道に溜まっている精液を吸い上げる。
comment (0) @ 姉・ゆかり

姉の発声方法は・・・。

2018/10/23
a1389.jpg

逝ってしまって、僕の上に倒れ込んでしまった姉。
僕は、その姉を転がして、正常位の体勢に持ち込む。
そして、そのまま挿入する。

a1390.jpg

「あっぐっ!!」

グッタリとして体力を失ってしまっているような姉をお構いなしに腰を強く振る。

次第にまた姉の声が反応する。

「あぁはぁっ、あっはっっ!!」

動画で姉の声を聞いたことがある人は、気が付いたかも知れないが、姉は独特な声の出し方をする時がある。
息を吸い込む時に声を上げて、音符でいうところのスタッカートのような音になる。

a1391.jpg

この激しい腰の振り方は、姉を感じさせるためではない。
自分自身が射精したいからだ。
自分本位に腰を振り、またまた姉が気持ちの良いことになっている。
ただ、それだけ。
comment (0) @ 姉・ゆかり

これは、誰?・・・

2018/10/20
a1386.jpg

拘束されながらも必死に動く姉の姿に不憫を感じて、縄を解いてあげることにした。
僕は、優しい。

解いている間に柔らかくなった僕のペニスを再び咥えさせる。
硬くなったら入れてもいいよ、と告げる。

「もういい?」
まだ。
「もうこんなに硬いよ・・・いいでしょ?」
まだ。

しばらくそんなやりとりをして遊んだ後に挿入の許可を出す。

a1387.jpg

姉は、待ってました!! とばかりに急いで僕に跨がって来た。

「ううっ・・・ああぁぁぁぁぁ・・・・、コレ好きっ・・・!!! ああぁぁぁぁぁいいぃぃぃぃっ!!」

a1388.jpg

後は、もう獣のようだ。

言葉にならない声と酷く歪んだ表情。
これは、僕が知っている姉だろうか? と、僕自身が思ってしまうほどだ。

「ああ・・・逝きますっ!! 逝くっ!! いぐぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅっ!!!!!!!!!・・・・・」

僕の許可もなく自分勝手に逝ってしまう。
comment (2) @ 姉・ゆかり

ハシタナイお言葉・・・。

2018/10/17
a1383.jpg

狂ったように腰を振り始める。

前後にいやらしく動く腰。

a1384.jpg

両腕に拘束された不自由な体勢でバランスを取り、崩れ堕ちないように動く。

きっと姉のインナーマッスルは、相当に強い。
日頃から騎乗位で鍛えているからだろうか・・・。

a1385.jpg

姉の綺麗な顔が歪む。

「ああ・・・チンポ、チンポ、チンポォォォォ・・・いいっ!!」

お上品な姉としたことが・・・・ハシタナイお言葉まで飛び出す。
comment (0) @ 姉・ゆかり

犯してくださいっ!!・・・

2018/10/14
a1379.jpg

この体勢では、少し腰が使いづらいので一旦ペニスを抜いた。

すると姉の愛液が、弾け出してきた。
恐ろしく濡らしている。
道理で気持ちがいいわけだ。

a1380.jpg

姉をベッドに転がすと再び挿入を開始した。

縄で縛られて抵抗が出来ない姉。
ただペニスを受け入れることしか出来ない。

a1381.jpg

「ああ・・・もっと・・・もっとチンポで・・・犯してくださいっ!! 」

姉は、叫び始める。
口癖のように時折、口から出る言葉。

犯してください。と、言っている時点で犯されてはいないのだと冷静に思う。

ただ、姉の頭の中では、無理矢理挿入されているということになっているのだろう。
comment (2) @ 姉・ゆかり

二種類の天然ローション・・・。

2018/10/11
a1376.jpg

この動きづらい状態でもカリの部分の中心にペニスを出し入れしている。

柔らかい姉の唇が亀頭を包み込む。
その感触を味わっているともっと気持ちの良いところに入れたくなった。

a1377.jpg

太股を拘束されて開かれたその場所に亀頭だけを差し込んでみる。

そして、姉の状態を窺う。

このまま入れていいの?

「ああ・・・入れていいよ・・・生で入れていいよ・・・」

a1378.jpg

生挿入OKの確認を取った僕は、一気にその中にペニスを進めた。

酷く濡れている膣内とフェラによって唾液で濡らされたペニス。
共に姉の体液で天然のローション状態だった。

気持ちよくないわけがない。
comment (0) @ 姉・ゆかり

オートマティックのように・・・。

2018/10/08
a1373.jpg

下半身も暴れるので縛ってみた。
しかし、この縛り方では、動きを止めることは出来ない。

a1374.jpg

人でないモノに感じさせられるというものは、どんなものだろうか。
女性によっては、それは受け入れられない人もいる。
生理的にそのようなモノはダメですという。

今、この瞬間に僕は何もしていない。
確かにこのようには、仕掛けた。
でも、今の僕は何もしていない。
なのに・・・この人は、快感の中にいる。

おかしなことだ。

a1375.jpg

では、僕も快感を与えてもらおう。

黙って姉の顔の前に勃起したペニスを突き出すとオートマティックのようにそれを咥えた。
comment (0) @ 姉・ゆかり

離れて・・・。

2018/10/05
a1370.jpg

少し離れてその様子を見てみる。
そうすると少し冷静になれる。
言い方を変えれば、冷めた感じで見ることが出来る。

a1371.jpg

この女は、テーブルの上に縛られて、大人のオモチャを膣内に挿入して・・・悶えている。
何故、こんなことをしているのだろう。

日常生活には、ない光景。

a1372.jpg

そのおかしさが、楽しいのかも知れない。
刺激的なのかも知れない。

テーブルから落ちそうになる姉を元の位置に戻し、問いかける。

気持ちいいの?

「・・・はい」

この女は、変態だなと思う。
comment (2) @ 姉・ゆかり

飛び跳ねる身体・・・。

2018/10/02
a1367.jpg

オルガスターという電動バイブを姉の中に突っ込んでみる。

膣内とクリトリスに同時に振動が伝わるタイプのものだ。

a1368.jpg

スイッチをオンにすると姉の身体が飛び上がった。

姉にとっては、強い刺激だったようだ。

a1369.jpg

いきなり強烈な声を出して、動き回る身体は・・・まるで魚が陸に揚げられてしまったようだ。
comment (0) @ 姉・ゆかり