FC2ブログ

股の間から・・・。

2019/06/30
a1600.jpg

部屋に入ると姉は、僕の下半身を覆っている衣服をすぐに脱がせた。
そして、お尻に顔を埋める。

a1601.jpg

股の間から顔を出し、ペニスを舐め始める。

a1602.jpg

待合室で待っている間、待ちきれなかったのだ。
そこで既にエロいスイッチが入ってしまっていたのだろう。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

comment (0) @ 姉・ゆかり

yukari movie 11

2019/06/27
正常位。
「ああ、いやらしい」
Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?
comment (-) @ MOVIE

ウェイティングルーム・・・。

2019/06/24
a1598.jpg

ラブホテルのウェイティングルーム。
なんとも怪しい場所だ。
「これからセックスしますよ」って人たちの待合室。

a1597.jpg

どんなに澄ました顔をしていても数分後、数時間後には、肉欲にまみれて裸体を重ね合う。

a1599.jpg

もう既にここに座っているということは、セックスする気が満々だということだ。
comment (4) @ 姉・ゆかり

イケナイこと・・・。

2019/06/21
a1594.jpg

とある部屋に姉を連れ込む。
僕が、ペニスを露出させると黙ってそれを咥え込んだ。

a1595.jpg

僕は、姉の乳房をブラかせ露出させて、それを眺めて楽しんだ。

a1596.jpg

「ごめんね、サキちゃん」

そう姉は言うと僕のモノを下半身で受け入れた。

僕の自宅に用事があって来た姉を誰もいないということで犯してしまった。
それも高校生の娘のベッドで。

こういうことは、してはいけないなぁ・・・と、少し反省(笑)
comment (4) @ 姉・ゆかり

ヤリ捨てられた女のような・・・。

2019/06/18
a1591.jpg

声を押し殺しながら悶え感じる姉。

後部の左右のドアを開け放した。
車内でありながら開放感は、抜群だ。
視界に広がる風景は、ほぼ野外に等しい。

a1592.jpg

強く腰を振られて少しずつ上がっていった姉の頭は、もう車外に出ていた。

いつもの違う景色は、僕たちを興奮させた。

もっと時間を掛けて楽しもうと思っていたのに・・・。
射精感に襲われる。
僕は、腰を更に激しく姉に打ち込んでいく。

その動きから姉は、僕の気持ちを察する。

「逝くの?・・・逝くのね。私も・・・」

体内に射精すると同時に姉の身体が硬直する。
膣内が強く締め付けられる。
僕は、それを感じながら放出する。

a1593.jpg

射精後、しばらく身体を重ねていたが、いつまでこんなところで余韻に浸っているわけにもいなかい。
僕は、離れて客観的に姉を見る。

ヤリ捨てられたような姉の姿が、そこにはあった。
comment (2) @ 姉・ゆかり

ここでするの?・・・。

2019/06/15
a1588.jpg

姉を車の後部座席に寝かせる。

「ここでするの?」

当たり前だよ、ここでするよ。

「誰か来るかもよ」

その言葉を無視して、挿入する。

a1589.jpg

そんなこと良いながら、いっぱい濡れてるよ。

「・・・言わないで」

a1590.jpg

姉は、僕の腰を掴み、自分の股間に強く引き寄せた。
comment (0) @ 姉・ゆかり

暗闇に浮かび上がる・・・。

2019/06/12
a1585.jpg

ここは、屋外の駐車場。
この時間は、他の車は停まっていない。
車の中で上着を脱がせる。
いざという時の危険防止のためにジャンバーだけを羽織らせる。

a1586.jpg

撮影する度にフラッシュが焚かれる。
暗闇の中で姉の姿が浮かび上がる。

a1587.jpg

もし遠くからでも見ている人がいたら見られているかも知れない。

そんなことを姉に話しながらお構いなくシャッターをまた押す。
comment (0) @ 姉・ゆかり

余裕・・・。

2019/06/09
a1582.jpg

「ああ・・・、突いてぇ・・・突いてぇ・・・」

ハシタナイ言葉を発する。
こういう時には、ある種のゾーンに入っている。

a1583.jpg

「入ってるぅぅ・・・いやらしい・・・チンポ入ってる」

結合部を覗き込んで、入っていることを目視で確認する。
この直後に絶頂を迎える。

a1584.jpg

逝った後の姉は、余裕だ。
僕の上に跨がると何故かうっすらと微笑みを漏らしている。

ほら、次は逝かせてあげるわ。
私の中で気持ちよくなりなさい。って感じ。
言葉を交わさなくてもそれは解る。
comment (0) @ 姉・ゆかり

初ショット・・・。

2019/06/06
a1579.jpg

姉が初めて自分の姿を撮影しました。
天井の鏡の映るセックスしている自分を撮影するといういやらしい行為。
レアなショットです(笑)

a1580.jpg

そのせいかどうかは知らないけれど、たっぷり濡れて分泌物をペニスに絡ませています。

a1581.jpg

そして、天井の鏡に映る犯されている自分の姿を見つめ続ける姉。
comment (2) @ 姉・ゆかり

平成を振り返って・・・。

2019/06/03
令和に時代が変わって1ヶ月が過ぎていきました。
早いものですね。
振り返れば平成もあっという間に過ぎていったように思います。
平成が始まったのが1989年。
僕がデジカメでこのようなことを撮影し始めたのが2002年。
平成31年間の間の17年間を振り返ってみようと思います。

※この振り返りは、時系列ではありません。
※姉以外です(笑)

h1.jpg

当時よく利用していたSMのSNSで知り合った女性。
その後、何故かお仕事でも繋がりが出来て、ある種大切なパートナーでもあります。
この女性がいなくなったら色々と困るなぁ、って方です。
SでもMでもどっちでもいけちゃうマルチプレイヤー。

h2.jpg

このブログを始める前のブログ「或る人妻が乱れた風景」の主人公だった女性。
とても人気がある女性でした。

h3.jpg

遠距離の女性でしたが、よく新幹線でお互いの場所を行き来していました。
今は、どうしてるのかなぁ。

h4.jpg

SM系のSNSで知り合いました。
僕のところからは遠く離れた場所にお住まいですが、今でも年に2度ほどは会います。
大変なM女性で、色々と面白いことが出来ます(笑)

h5.jpg

ブログを読んで「縛られてみたい」と連絡を頂いた女性。
偶然にも同じ町に住んでいました。
世界は狭い(笑)

h6.jpg

大学時代の先輩です(笑)
だから、お付き合いは長い。
この方が19歳の時から知っています。
つい先日もお会いしたところです。
この方とは、一生離れることはないだろうなぁ。

h7.jpg

ネットで知り合った男性の奥様。
NTRってヤツですか。
旦那さんの前で奥様と楽しみました。
今も連絡を取り合っていて不定期にいけないことをしています。

h8.jpg

地元の同じ中学校を卒業した女性。
歳は離れていますので同時期には通っていませんでしたが、恩師が同じだったり(笑)僕の妹のことを知っていたり(笑)
不思議な縁で繋がって、身体まで繋げてしまいました。

h9.jpg

ブログを読んで「縛られてみたい」と連絡を頂いた女性。
また運よく近県の方でした。
エロいことばかりではなくよく飲みに行ったりドライブに行ったり、そういうところでも気の合う方。
深夜のドライブ中にずっと乳首を舐めさせていました(笑)
結構なMでした。

h10.jpg

当時大学院生だった女性。
SMの世界に興味津々で、連絡をくれた方です。
今では、めでたく人妻となりお子さんも産まれてエロ活動は小休止中。

h11.jpg

もうこの女性とも古いですねぇ。
15年くらいにはなりますか。
引っ越して、今は片道3時間ほどの場所に行ってしまいました。
連絡は継続していて、今度はいつ逢えるのでしょうか。

h12.jpg

お仕事絡みでお付き合いを始めた女性。
SMの世界に憧れを持っていたとか。
積極的なエロチズムを解放する方でした。
今では、ほぼお茶飲み友達?(笑)

h13.jpg

このブログにも登場した晴香さん。
エロいボディの人妻M女さんです。

h14.jpg

この女性は、僕にとっては特殊ですね。
ご存知S女のミカさんです。
ふたりだけで逢う時には、お互いノーマルなんです。
お互いの自我を出すと喧嘩になりそうだから(笑)
たまに噛みついてくるので、それを避けるのが上手になりました(笑)
もうかれこれ10年以上のエロ・パートナーシップになりますね。

h15.jpg

正式な「彼女」という存在の女性です。
お互い既婚者同士ですから正式もなにもないんですが(笑)
このような関係になって8年が過ぎようとしています。
16歳の頃からの知り合いですから最も僕の本質を知る人なのかも知れませんね。

画像アップの許可を得ることが出来ない女性、撮影自体NGの女性もいますので、これがすべてではないのですが、大体こんな感じです。
デジカメ導入以前の女性もいますものね。
今の時代に僕が高校生だったらどんなことになっていただろうなぁと思います(笑)
昭和も振り返ってみたかったなぁと、これを書いている今、思います(笑)

昭和、平成と僕と関わりを持ってくれた女性の影響を受けて、今の僕が形成されているのだろうなと思います。
思考や所作、言動のすべてにおいて、過去の女性の誰が抜けても今の僕にはなっていなかったはずです。

令和は、どんな時代になるのでしょう。
新しい出会いがあったりするのでしょうか。
僕にとっても皆さんにとっても良い時代になることを祈ります。
comment (6) @ Special