FC2ブログ

年末のご挨拶にかえて・・・。

2019/12/29
a1775.jpg

テーブルの上で鑑賞用になった姉。

僕は、ビジュアル的にも姉の姿が好きなものだから時折・・・よく?こういうことをしてしまう。

a1774.jpg

いつものことながら、色々な角度で眺める。
美術館で彫刻を鑑賞するのと同じ感覚だ。

ただ違うのは、さて今日はコレをどうしようかなぁ・・・と、考えていること。

a1776.jpg

実物を目の前にしてそういうことを考えるのは、いとおかし。

------------------------------------------------------------

さて、これが今年最後の更新となります。

今年もご愛読頂きました皆様、ありがとうございました。

平成から令和となった今年。
世の中的にも良いこと悪いこと色々とありました。

不偏だったのは、僕の性に愛する欲望です(笑)
歳を重ねていつまでこんなことをしているのか自分でも分かりませんが・・・。
年が明けてもまだその気でいることは、きっと間違いないと思います。

皆様には、優しく見守って頂けて感謝しております。

2020年は、東京オリンピック。
あとは、どんな年になることでしょう。
楽しいことだけを繋ぎ合わせて生きていけたらと思いますが、世の中そんなに甘くはないですよね。

皆様にもご多幸があることを祈ります。
良いお年を。
また来年もよろしくお願い致します。
スポンサーサイト
[PR]

comment (2) @ 姉・ゆかり

yukari movie 17

2019/12/26
Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?
comment (-) @ MOVIE

Merry Christmas 2019

2019/12/24
2019xmasのコピー

comment (4) @ ご挨拶

リスクと興奮と・・・。

2019/12/23
a1771.jpg

あらためて再挿入。

車内でフラッシュ撮影は、とても危険だ。
こちらから見えなくても外からは、丸見えになってしまう。

a1772.jpg

でも、そのリスクに興奮させられてしまう。
それは、姉も同じかどうかは、よく分からない。

a1773.jpg

それでも激しく腰を使う、姉。
それに持ち堪えられない僕は、射精してしまう。
comment (0) @ 姉・ゆかり

持つ手・・・。

2019/12/20
a1768.jpg

いつもとは違う場所で性行為を行うと興奮するものである。
フェラをマッタリと楽しみたい気持ちもあるのだが、挿入したい気持ちもいつもよりも高まる。

a1769.jpg

その誘惑に逆らえずにバックから挿入する。
いつもよりのその中は、濡れているようも感じる。

a1770.jpg

「ちょっと待って」


姉は、一旦ペニスを抜くとバックからコンドームを取り出す。
どうも生挿入は、ダメな日のようだ。

女性が、コンドームを持つ手にエロスを感じてしまう。
そういうのって、マイノリティなのだろうか。
comment (0) @ 姉・ゆかり

そうして当然・・・。

2019/12/17
a1765.jpg

僕は、ズボンと下着を脱ぐ。
すると何も言っていないのに僕のモノを掴んで、舐め始めた。

a1766.jpg

目の前に勃起したペニスが表れると命令されることなく咥えるんだろ?
そうするのが、当然なんだろ?

僕は、心の中でそう思ってほくそ笑む。

a1767.jpg

姉は、僕の性欲を処理する役割を持った女として生まれて来たのだから。

いつかそれを面と向かって言ってやろうと思う。
comment (2) @ 姉・ゆかり

股間の反応・・・。

2019/12/14
a1762.jpg

車の戻ると再びフラッシュを焚いて姉の乳房を撮影する。

「大丈夫なの? 外から見られない?」


さあ、どうだろう。
僕は、曖昧に答える。

a1763.jpg

そう言う風に答えた方が、姉が興奮することを知っている。
誰かに見られたら困るくせに誰かに見られないかと興奮する。

a1764.jpg

僕は、姉の太股を掴んで更に脚を開かせる。
そして、濡れ具合を確認する。
姉は、僕が思っていた通りに身体を反応させていた。
comment (0) @ 姉・ゆかり

夜の公園・・・。

2019/12/11
a1759.jpg

「ここで?」


姉は、少し不安そうにそう言った。

寒空の下、姉に乳房を露出させる。
静かに住宅地に隣接する公園。
見上げると冬の星座がよく見えた。

a1760.jpg

夏よりも冬の方が、野外で露出するには安全だ。
冬の夜に出歩く人の数が、夏よりも少ないはずだから。

a1761.jpg

「もう寒いよ。車に戻ろう?」

笑いながら姉が言う。
comment (2) @ 姉・ゆかり

壊れている・・・。

2019/12/08
a1756.jpg

体位を正常位に変える。
姉を仰向けにして、脚をいっぱいに広げる。

一気に行くからね。
いい?

「来てっ、来てっ。早く来て!!」

叫ぶように姉は、言う。

a1757.jpg

僕は、狙いを定めると一気に勃起したモノの突き刺す。

「あぅう゛っっっ ! くぅっ ! ああぁぁぁ・・・」 

僕は、一気のトップスピードで腰を動かす。
ガンガンっと、僕の腰が姉の股間を打ち付ける音がする。

a1758.jpg

姉の顔を覗き見ると白目を見せて俗に言うアヘ顔になっている。
姉は、壊れている。と思った。
そう思った瞬間に尿道を駆け抜けていくドクドクとしたものを感じた。
comment (0) @ 姉・ゆかり

二点責め・・・。

2019/12/05
a1754.jpg

腰をグイグイと前後に動かす。
よくこんなに起用に動かせるものだと関心する。

「ああ・・・ステキ・・・。チンポ・・・いいっ・・・」


これは、セックスがステキなのだろうか。
それともペニスがステキなのだろうか。

a1753.jpg

亀頭を子宮に当てて、ペニスの根元をクリトリスに当てているような動きをする。
その腰の辺りの曲線と動きは、ビジュアル的にも僕を興奮させる。

a1755.jpg

少し腰を浮かせると挿入部分を覗き込む。

「ほら、入ってる・・・。いやらしい・・・、チンポ入ってる」


まるで呪文を唱えるように姉は、そう言う。
comment (0) @ 姉・ゆかり