FC2ブログ

女優への道・・・。

2021/03/29
a2128.jpg

物語の話で思い出しました。
昔、姉からこんな話を聞いたことがあります。

a2129.jpg

高校の学園祭でのこと。
姉のクラスは劇をすることになって、姉はヒロインに選ばれたというのです。
そこそこ綺麗だったいう外見だけで選出されたことは間違いありません。
姉は、人見知りで緊張するタイプ。
未だに初対面の人とは、うまく話すことさえ出来ません。
丁重にその役を断ったそうですが、クラスメートに押し切られる形でその役を引き受けたそうです。
しかし、案の定そんな姉ですから本番でもセリフを上手に言えなくて、物凄い大根役者になってしまって困ったというものでした。

a2130.jpg

ただ単に鑑賞しているのもなんなので、ブラに電動バイブを挟んでみました。
振動が乳首に伝わっているはずです。
いかがわしい声を出して、素敵な表情をしています。
これが演技だとしたら、今なら素晴らしい女優さんになれることでしょう。
スポンサーサイト
[PR]

comment (4) @ 姉・ゆかり

囚われの姫・・・。

2021/03/26
a2125.jpg

さて、鑑賞会でございます。

a2126.jpg

またしても無実の罪で、このように拘束されてしまう姉。
ただ僕の欲望に応えるために堪え忍ぶのです。
そんなことを受け入れてしまうだなんて・・・この人は、天使か!?と時折思ってしまうことがあります。

a2127.jpg

でも僕は、この囚われの身という状態を姉が嫌いではないというのも知っています。
映画やドラマ、物語でよくある設定です。
囚われた姫を救い出す勇敢で若い男前の英雄。
こうして縄で拘束された状態は、もはや絶対絶命のピンチです。
きっと姉の頭の中では、そういう物語が展開しているはずです。
しかし、そういう英雄は間違っても登場して来ません。
エロい目をしてただ男が鑑賞しているだけです。
comment (2) @ 姉・ゆかり

あるある・・・。

2021/03/23
a2122.jpg

食後、風呂にも入ってのんびりとして・・・戦闘服にお着替えです。

a2123.jpg

そして、こんな感じで拘束。
プロジェクターでAVを投影して、雰囲気を出してみました。

なんか見たことがある風景だなぁ・・・と、思ったら。

a2124.jpg

以前にも同じ部屋で晴香に同じようなことをしてしました。
同じホテルを使っていると起こるあるあるです(笑)
comment (2) @ 姉・ゆかり

忙しい・・・。

2021/03/20
a2119.jpg

テレビを観ながら食事を楽しむ。
子供の時のような顔をして真剣に見入る。
定位置は、勿論床の上。

a2120.jpg

そうしながらも手でのご奉仕も忘れない。
大人の顔に戻って、それを握る。

a2121.jpg

食後には、しっかりとデザートまで召し上がることを忘れない。
姉は、いつでも忙しい。
comment (2) @ 姉・ゆかり

従業員さんが思うこと・・・。

2021/03/17
a2116.jpg

疲れたので、姉を上に乗せて腰を振らせる。

そうしていると部屋のチャイムが鳴った。

a2117.jpg

先程、注文したものが届いたのだ。
勿論、取りに行くのも姉の仕事だ。

数秒前までセックスしてましたって顔でホテルの従業員の方と接してこい。と思う。

a2118.jpg

「お待たせしました」


そう言って受け取ったドリンクや食事を持って戻ってくる。

どんな人だった?って、いつも聞いてしまう。

「女性の方でした。きっと私と同世代の」


きっとそのホテルの従業員さんには・・・。
私は、汗をしてこうして働いているのにあなたは平日の真っ昼間から男と肉欲に溺れているのね。それも旦那さんではないのでしょうし・・・。
と、不貞を働くハシタナイ女として見られているはずだと思う。
comment (2) @ 姉・ゆかり

道具・・・。

2021/03/14
a2113.jpg

欲望に任せて、ただ腰を振る。
目の前の女を感じさせてやろうなんて気持ちは、更々ない。

a2114.jpg

僕自身が飽きたら、場所を変える。
ソファの上の姉を犯し続ける。

a2115.jpg

ただただ性欲をぶつけられているという姿が、見ていて楽しい。
お前は、道具なんだよ・・・と、心の中で吐いてみる。
comment (2) @ 姉・ゆかり

それなのに・・・。

2021/03/11
a2110.jpg

スカートを捲り上げ、下着をずらし、問答無用で挿入する。

a2111.jpg

それなのに普通にあの中は、濡れている。
いつから濡らしていたんだろうか・・・。と、そんなことを考える。

a2112.jpg

しばらく楽しんでから鏡の前に移動。

自分がセックスしている顔、よく見てみろ。とか、言ってみる。
comment (2) @ 姉・ゆかり

お仕事・・・。

2021/03/08
a2107.jpg

フェラ中断。
フロントへ電話を入れされて、ドリンクと食事を注文。
これは、いつも姉のお仕事。

a2108.jpg

入れてやるよ。と言うと。

「ちよっと待って。着けるから」


今日の挿入には、避妊具を着けないといけないらしい。
これも姉のお仕事。

a2109.jpg

入れてやるから壁に両手ついて待ってろ、の図。
comment (2) @ 姉・ゆかり

2本挿入で・・・。

2021/03/07
a2137.jpg

背後位でセックスするわけでもないのにそのポーズで放置気味にされてしまうというのは、きっと恥ずかしいことだと思う。
僕なら出来ない(笑)

a2138.jpg

それもいつものようにじっくりと観察されてしまうわけである。
マゾ的に性癖を持つとこういう時には、得だなぁと思う。
ノーマルな性癖の女性ならきっと怒り出してしまうこの状況を性的に楽しめる。

a2139.jpg

アナルを責めるというのは、とても楽しい。
そこは、性的に使う場所ではないんですよ。という場所に快感を得るために使おうというのだ。
人間をそう創世した神様に知れたら怒られてしまいそうだ。
そして、僕はそのことに熱中してしまい写真を撮ることを怠ってしまった。
自分で自分を責めたい気分である。

簡単に状況を説明させてもらうと・・・。
僕の人差し指と中指にコンドームを装着。
そこに潤滑シェルを塗り、アナルにそれを挿入した。
既に2本の指がすんなりと入るようになっている。
どこをどうしたら気持ち良いのか姉にリアルタイムで申告させる。

「そう。そこ・・・それ、気持ちいい」

こちらが受け取った感覚では相当気持ち良さそうなので、僕も楽しくそれを続けた。

「あっ、気持ちいい・・・。イキそうです・・・逝きますっ・・・」

おっ、マジかぁ。
アナルで逝っちゃうのかぁ。と、更に楽しくなって僕も頑張りました。
comment (2) @ 姉・ゆかり

最低な男・・・。

2021/03/05
a2104.jpg

僕は、全裸。
姉は、完全なる着衣。

ホテルの部屋に入った時の服装のまま、全裸の僕の股間に顔を埋めた。

a2105.jpg

僕は、早々にいきり立っていた。

お前に前儀なんていらないだろ?
僕のを勃起させて、早くその中に入れさせろよ。

と、そんな感じ。

a2106.jpg

思いやりのない男の態度だ。
最低な男だ。

それを理解していながらも文句一つ言わず従うその姉の姿を見て、バカな僕は有頂天になる。
comment (2) @ 姉・ゆかり