FC2ブログ

流石に察する・・・。

2018/10/26
a1392.jpg

「ねぇ、逝くのっ? 逝くんでしょっ? いいわよっ、ああ・・・逝ってぇ、逝ってぇ・・・かけてっ!!!!」

流石に姉は、察している。
僕が、本気で逝こうとして腰を振っていることが分かっているようだ。

a1393.jpg

逝くよ。
僕は、そう返事をする。

「いいよっ、いいよっ、いっぱい。・・・・・ああ・・・私も・・・またっ・・・ああぁぁぁぁぁぁぁぁ」

僕は、姉の中に思いっきり注ぎ込む。
その瞬間を姉も感じて、また昇り詰める。
ふたりの感嘆の声が重なる。
それは、文字には出来ない。

a1394.jpg

射精をして姉の上に倒れ込んでいると今度は姉が僕を押しのけるようにして仰向けにさせた。

そして、亀頭に口を添えるように咥え吸い付く。
尿道に溜まっている精液を吸い上げる。
スポンサーサイト
[PR]

comment (0) @ 姉・ゆかり
イージス艦に匹敵・・・。 | 姉の発声方法は・・・。

comment

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する